日本のバイオプラスチック出荷量

一般社団法人プラスチック循環利用協会によると、2019年の我が国のプラスチック国内出荷量は年間約918万トンです3
また、2019年のバイオプラスチック国内出荷量は約4.6万トンと推定されており、うち、バイオマスプラスチック(非生分解性)は約4.2万トン、生分解性プラスチックは約0.4万トンと推定されています4
バイオプラスチックの国内出荷量は増加傾向にありますが、プラスチック全体に占める割合はまだ少なく、市場成長を後押しする対策が必要となっています。

2019年のプラスチック製品の生産・廃棄・再資源化・処理処分の状況

(出典)
[3]一般社団法人プラスチック循環利用協会, 2019年のプラスチック製品の生産・廃棄・再資源化・処理処分の状況 マテリアルフロー図,
https://www.pwmi.or.jp/flow_pdf/flow2019.pdf
[4]バイオプラスチック導入ロードマップ検討会(第1回)、𠮷田委員(日本バイオプラスチック協会)提出資料をもとに作成


バイオマスプラスチック製品の国内出荷量

環境省の調査の結果、2020年度のバイオマスプラスチック製品の国内出荷量は、約10.5万トンと推定されます。(一般社団法人プラスチック循環利用協会によると、2020年の我が国のプラスチック国内出荷量は年間約約837万トンです5。)プラスチック資源循環戦略のマイルストーンにある、「2030年までにバイオマスプラスチックを約200万トン導入」に向けて、更なる普及が期待されます。

バイオマスプラスチック製品の導入状況に関する調査の概要
  • 環境省地球環境局総務課脱炭素社会移行推進室において、温室効果ガス排出・吸収目録(インベントリ)の作成のため、一般社団法人 日本有機資源協会(JORA)及び日本バイオプラスチック協会(JBPA)の協力のもと、毎年、我が国におけるバイオマスプラスチック製品の導入状況が調査されている。
  • 同調査では、両団体が運営するバイオマスプラスチックに関する認証を取得している製品に対して、樹脂の種類、製品用途、現況年度までの製品出荷量、輸出割合等の情報が収集されている。このほか、両団体の認証を取得していない大口のバイオマスプラスチック利用事業者に対しては、インベントリ事務局により、個別に調査が行われている。
調査団体 調査先 調査対象とする素材 調査内容
JORA 日本バイオマス製品推進協議会会員企業及びバイオマスマーク取得事業者 バイオマスプラスチック類 登録番号、品名、製品用途、樹脂種類、バイオマス割合、2005年度及び2010~2020年度の製品出荷量及び輸出割合
JBPA バイオマスプラ識別表示制度会員及び樹脂メーカー バイオマスプラスチック

※ バイオマスプラスチック類:バイオマスプラスチックのほか、バイオマス配合剤との複合プラスチック及びプラスチック様素材(質感がプラスチックと類似するセルロース成形品(セロハン等)や、プラスチック製品に使用される接着剤・インキ等のうちバイオマス原料から製造されるもの)を含んだもの。

(出典)
[5]一般社団法人プラスチック循環利用協会 2020年のプラスチック製品の生産・廃棄・再資源化・処理処分の状況 マテリアルフロー図,
https://www.pwmi.or.jp/pdf/panf2.pdf


日本のバイオプラスチック市場戦略

2019年5月に発表した「プラスチック資源循環戦略」では、基本原則として3R+Renewable(再生材・再生可能資源の利用)を掲げ、より持続可能性が高まることを前提に、プラスチック製容器包装・製品の原料を、バイオマスプラスチックをはじめとする再生可能資源由来の素材に適切に切り替えていく等の方針を、重点戦略の1つとして提示しています。
更に、同戦略ではマイルストーンとして、2030年までに、バイオマスプラスチックを最大限(約200万トン)導入するよう目指すことが記載されています。これは、バイオマスプラスチックの樹脂を使用したプラスチック製品におけるプラスチック重量であり、バイオマス度100%分は、3~4割と想定する70~80万トン程度を見込んでいます。
そして、事業者・自治体・消費者とあらゆる主体がバイオプラスチックを導入・利用していく取組みが具体的に進んでいくために、2022年4月に「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が施行しました。また、市場の成長のためには供給量の底上げも必要であり、国内のバイオマスプラスチックの製造設備を対象に、費用の一部を補助する支援措置も行われています。
今後は、2030年のマイルストーン達成に向けて、バイオプラスチックの導入状況のフォローアップを行うことに加えて、導入による各種環境問題への対策効果も定期的に把握していきます。

バイオプラスチック製品の導入イメージ
バイオプラスチック製品の導入イメージ